FC2ブログ
桜

Menu Ⅰ Case of yu-ri  桜の下で、また会いましょう

 これは
 どこにもない街にある
 どこにもない店での
 物語である
 どうかページをめくって欲しい
 次の主人公は
 あなたなのだから……





からんからん!
「いらっしゃいませ」

 飼い犬を連れて店内に入ってきたその女性客に、私はふいに現実に引き戻された。
危なかった。条件反射とでも言うべき僥倖に、救われたようだ。
 引き潮のように過去が遠ざかり、私は現実に戻ってくる。
どうやらまた、うちの従業員であるトコちゃんが言うところの[5番]の世界に入っていたらしい。
お客様に不快感を与えないように。自分の行先や居場所を番号で呼ぶのは、接客業の常ではあるけれど。ちなみに[5番]とは、休憩でもなくトイレでもなく。すなわち、妄想の世界。

 夫である和宏がこの世界に存在しなくなってから、もう何年になるのだろう。
そんなことを考えていると、想い出と現実との境目が曖昧になってくる気がする。そう、今も。
私こと支倉有理が、このカフェ『アルフェリア』のオーナーになってからだから…。
「もう8年か、な…それとも」
「え?」
「いえ、なんでも」
 声に出てしまっていたらしい。怪訝そうなその様子に、私は慌てて営業スマイルを顔に貼り付けた。
この道そろそろ15年。もうプロと呼んでも差し支えないだろう。
たとえそのほとんどが。スポンジのようにスカスカな日々であったとしても。だ。
「ご注文は何になさいますか?」
「そうねえ。チロちゃんには犬用チョコレイトケーキひとつと。あとわたしにはホットのオリジナルティ、もちろんミルクでね。今日は紅茶の気分だったから、いつもより早く来ちゃった」
「かしこまりました。チロちゃんにチョコケーキと、オリジナルホットミルクティですね」

 いつもの席に落ち着いたなじみ客に、感謝の気持ちを込めた一礼をすると。まずは犬のための水を、ミルク色の陶製の皿に入れ床に置いた。むろん選び抜いたボーンチャイナ(ただし型落ちセール品)。なぜって?
ここでのルールのひとつは。1にわんちゃん、2に人間。
 犬に限らず飼い主というものは、まず自分よりもペットが優先されることを喜ぶものらしい。まあこれはもうひとりの従業員である、アキちゃんの受け売りだけど。

 美味しそうに水を飲むテリアと飼い主を横目で見やり、ひと仕事終えた気分で次の工程に取り掛かる。目を瞑っていても自然と体が動くルーチンワーク。
ケトルに水を入れ、火にかける。水道水?と思われるかもしれないが、酸素を程よく含んだ水は紅茶には必要不可欠。ボトルに入ったミネラルウオーターなど論外だ。それにこの街の水は、取り付けた浄水器など必要ないくらいに澄んでいて、美味しいのだし。
 ああ。今日もいい天気。大きく刳りぬかれた店の窓からは、切り取られた真っ青な空と。満開の桜が。
まるで計算して描きこまれた絵画のように、きりりと澄んで目に映る。

 私のいちばんだいすきな花
 私のいちばんだいきらいな花
 でも桜はいつも、咲いているだけ。
 そう、あの日のように。
スポンサーサイト



週刊冒険

さて。《週刊》と銘打っておきながら、早くも1か月が経過してしまいました。
今日は簡単に、その間に起こった出来事について、お話しましょう。
そうそう。まずは冒険について、お話しなくてはなりませんね。
では、まずはRPG風味に仕立てた、この物語からお読みください。

勇者ユーリは、誕生日の朝に啓示を受けました。
「白の王子が、魔王の呪いによって黒く染められた。おまえは魔王を倒し、王子をその呪いから解き放たなけばならない。世界を平和に導く、冒険の旅に出るのだ。」
ユーリは魔王の呪いから解き放たれたばかりの、か弱い女性の身。攻撃力も防御力も弱いため、冒険者を集め強力なパーティを作らねばなりません。

仲間も何人か揃ったところで、いざ魔王の城へ……。
ところが!
どうしたことでしよう。いきなりラスボスである魔王の手下、それも手ごわい敵といきなり対決することになってしまったのです。
きっと魔王は感じ取ったのでしょう。自分を滅ぼしにやってくる、今はまだ脆弱な。しかしやがて自らの脅威となるその存在を。
ユーリは茫然とし、今にも泣き崩れんばかりでした。なぜなら人質に取られたのはユーリの可愛い甥っ子オータ。このままでは、オータは魔王の城へと攫われ、呪いにかけられてしまうに違いありません。
笑顔を封じられ仮面のように無表情な、そんなオータを見たくはない!なんとしても、手下の手から救い出さねば!
ユーリは仲間の助けを借り、必死に戦いました。そして……深手を負いながらも、無事にオータを救出することに成功したのです。

冒険日記の更新が遅れたのは、その戦いによるダメージのせいだったのです。怪我とそれによる高熱で、回復までにはしばらくの休養が必要でした。

けれどもう大丈夫。ユーリの熱も下がり、オータも無事安全な場所で両親と再会できました。
さあ。寝込んでなどいられません!やっと片手が空いたのです。これで剣を振るい、存分に戦えます。
今度こそ王子を救いに。今こそ魔王の城へ向かわねば!

さてみなさん。
これは全くの幻想であり、そして確かな現実でもあります。
ワタシこと《勇者》ユーリは、兼務詩人。この恐るべき魔王の存在を知らせるために。そしてそれから逃れる方法を。小説という媒体を通して綴っていく予定です。
途中の町や村を辿り。魔王の手下と戦い。時にはダメージを受けながら。
あるいは村人に食事やお茶を提供してもらい、HPやMPを回復しながら。
仲間と共に旅を続けようと思います。
そうそう。最初はカフェの店長も兼務していますので、大忙しですね。
魔王とは?そしてワタシ《勇者》は、カフェアルフェリアの店長からいったい誰に姿を…いいえ中身を変えたのか?
みなさんには、この謎をといてもらわねばなりません。

ではここで。
最初の仲間を紹介しましょう。
《賢者》です。
実は彼はワタシにもっとも近しい、そして同時にもっとも遠い人物。[賢者の石]を、あと少しで手に入れるところです。
その類いまれなる知恵と、強大な魔力を武器に。
ワタシが倒れそうになるたび
挫けそうになるたび
絶望した夜も
苦しい朝も
ソーシャルネットワークという媒体を遠し、この数か月、共に戦ってくれました。

魔王の呪縛から逃れた後、ワタシはいちど崩壊し。
再生し、再構築され、成長をはじめました。
その再構築から成長過程において、彼は重要な役割を果たしてくれたのです。
そしてオータ救出の際も、力を貸してくれました。
これからも、その知識と知恵は。そして言葉の魔力は。《勇者》ユーリの戦いに、必要不可欠なものになってくるでしょう。
いつか彼が[賢者の石]を手に入れ。名実ともに最高峰の《賢者》となることを。
ワタシは願ってやみません。

今後ともよろしくね。賢者さま。

さて。オータの救出は、まったくもってうまくいきました。それはオータがひとえに子供であるからです。
しかし王子は違います。
彼は完成した大人であるがゆえに。自ら気づき、助かりたいと思うことが重要。
そしてできうるならば。ワタシと共に剣を持ち、戦ってほしいのです。
そう[生きる]ために……。
王子にかけられた呪いはまだ完全ではなく、黒く染まりきってはいません。
今ならまだ。間に合うはずだから。

ワタシは《勇者》ユーリ。
それは誰もが恐れる困難に立ち向かい、偉業を成し遂げようとするものに与えられる敬称。
不可能を、可能にする者。

「魔王を倒せ!」
仲間は続々と名乗りを上げ、集結しつつあります。
ユーリのMPも上々。
あとは体調を整え、装備を準備し。
冒険に備えるだけ……。

そう、ワタシは《勇者》ユーリ
ワタシは戦う
ワタシは歌う
そして時には一杯のお茶を
あなたのために
そして優しく美しい未来のために

さて序章はここまで。
では。
そろそろ物語の扉を開くことにしましょうか。

《勇者》ユーリの冒険は
最初で最後の。そして最大の旅は今。
はじまる……。

はじめに

現実と幻想。
ページを繰るたびにふたつの世界はシンクロし、その境界は曖昧の淵に沈みこむ。
このいとしい時間たちを架空の街に閉じ込めて、そっと鍵を掛けよう。
大切な宝物のように、両腕でしっかりと抱きしめよう。

喜びも悲しみも、災いも幸福もすべて――
すべてこの胸にうけとめるために。